05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

orara

Author:orara
フォフォフォ
よくここまで辿り着いたのぉ
メールアドレスは
homealoooooo@yahoo.co.jpじゃ。
twitter IDはorararaじゃわい。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Amazon
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便所飯はいつも1人流しそうめん。

日々は

徒然と

そして

淡々と

過ぎていく。

校舎の壁には

セミが止まって鳴いている。

自分の存在を知らせるように

また

確かめるように。

太陽は

空の一番上で

全ての生き物を見下すように

燦燦と照っているが

太陽はいつも1人だ。

俺もいつも1人。

友達がいない。

俺は麺つゆの原液を

便器の水で薄めた。


俺の名前は

モハメド茂木。

中学1年生だ。



学校の昼休みで

いつものように

便所で飯食ってる。

4月の頭に

母親が

そうめんを

業務用スーパーで

80キロ買ったらしく

入学してから

弁当はずっと

そうめんだ。

そうめんキットも母親の手作りである。

モハメド茂木って名前から分かるように

俺はハーフだ。

母親がアメリカ人で

親父が地底人だ。

馴れ初めは

母親が日本に留学した時

地底人の親父が

マンホールの隙間から母を見つけ

一目惚れして

地底に連れ込み

母に猛アタックしたそうだ。

親父の口癖は

地底人の俺が

好きな穴は

母さんのマンコ!!

だ。



そのマンコから生まれてきたのが

俺って訳だ。

いい迷惑だよ。

そのせいで

俺は

小さい頃からずっと

ハーフっていうだけでイジめられてきた。

小学生のとき

かくれんぼで

穴掘って

隠れてたら

岩で穴埋められるし

授業中

校庭に

野良モグラが迷い込んできたら

あれモハメドの父ちゃんじゃね?

って言われる始末。

1回

野良モグラが校庭に迷い込んできた時

たまたま

野良犬も迷い込んできて

野良犬にその野良モグラ

食べられて

モハメドの父ちゃん食べられた!!

ってなって

クラスのみんな大爆笑。

男子に笑われるだけならまだしも

当時俺が好きだった

トイストーリーに出てくる

宇宙人の緑のおもちゃに似てる

さゆりちゃんも

腹かかえて笑ってて

興奮して

窓際まで来て

野良犬に

指笛めっちゃ鳴らして

ブラボー!!

とか言うて

さゆりちゃんは

いつも

ポケットに自分の取れた乳歯を入れてて

感動した時に

感動させてくれた人にその乳歯をあげる癖があるんだけど

その野良犬に

乳歯めっちゃ

投げて

ブラボー!!

言うて

それは

やり過ぎやろって

思たから

おもいっきり

さゆりちゃん殴って

そしたら

さゆりちゃんの

生えてた

歯取れて

さゆりちゃん

その歯拾いあげて

また野良犬に投げて

ブラボー!!

言うから

いやだから

やり過ぎやろ言うて

さゆりちゃん殴ったら

またさゆりちゃんの歯取れて

さゆりちゃん

野良犬に歯投げて

それずっとやってたら

さゆりちゃんの歯全部なくなって

さゆりちゃんが

くそぉ

弾が尽きたとか

言うてたら

先生来て

めっちゃ

俺だけが怒られた。

そんな小学生時代を過ごした俺だが

中学に入っても

そんな日々だ。

なるべく目立たないように

ひっそりと過ごしている。

だから友達はいない。

俺はいつも1人だ。



昼休みの終わりのチャイムが鳴った。

昔の事を思い出してたら

少しゆっくり

昼飯を取ってしまってたようだ。

俺は急いで

流しそうめんキットを解体する。

その時

トイレに人が入ってきた。

俺は

キットの解体する手を止めて息を殺した。

ガン!ガン!

「おい!!出てこいよ!!漏れそうやねん!!」

太い声の男が

俺の入ってる大便のトイレのドアを蹴った。

トラブルは御免だ。

俺はドアを開けた。

するとそこには

顔を真っ赤にした

この中学の番長

鬼柱金太郎が立っていた。

鬼柱金太郎

3年。

右手に常に

2メートルの太い金棒を持っており

携帯のストラップは

ガチャポンで手に入れたであろう

小さいゴム製の金棒を付けている。

この鬼柱金太郎にはいくつもの伝説がある。

それは

友達がいない俺も知っている。

やれ桃太郎で倒された鬼の子孫だの

やれ嫌いな食べ物は桃だの

やれ持ってる金棒は800キロはあるだの

やれその金棒は昔

神殿の祭壇に刺さってて

幾人もの力自慢が抜こうとしたけど

抜けんくて

でも金太郎は物心付く前に抜いただの

そんな金棒を後4本持ってるだの・・・

こんな伝説が山ほどある。

そんな男が俺の前に立っているのだ。


「お前!はよ出ろよ!殺すぞ!!!!」

「ご、ごめん金太郎くん。まだキットが・・・」

「何だよキッ・・・な、流しそうめん!?」

「へへ。」

笑った時には

俺の視界から

金太郎の姿は消え

気付いた時には

ぐわんぐわんと揺れる

天井が見えた。

どうやら

金太郎の金棒が俺のテンプルに炸裂したようだ。

金太郎の金棒から

ポタポタ血が流れている。

あれ俺の血やんな・・・

金太郎は

俺の首ねっこを掴むと

そのまま

ドアの外に連れ出し

窓から俺を投げ飛ばした。

校庭に叩きつけられ

地面に叩きつけられたぁああああなうぅううううう

と実況できる程

スローモーションに時は進む。

体がバウンドする。

バウンドして地面に着く瞬間

そうめんキットが

俺に投げつけられ

キットの竹が割れ散った。

母さんが・・・山で取ってきた竹割れてもた・・・

上からかすかに聞こえてくる

バーンッと

ドアを閉める音

その後の

豪快な

ブリブリッブリ音が

脳内に響く。

竹割れてもうた・・・

割れた竹を取ろうと

腕の力だけで体をひっぱり

竹に近づこうとした。

右腕、左腕

交互に出して進んでいたが

気づいた時には

進行方向は地面の上にある竹ではなかった。

俺は地面を掘っていた。

一掻きで2メートル3メートルは掘り進む!

土が豆腐のように

さくさく掘れる!!

「怒り掘り」である。



一方

金太郎は

カラカラとトイレットペーパーを取っていた。

「あのあほのせいで
残りの20パーセントのウンコ漏れるとこだったぜ。
って80パーセントは漏らしてたんかーい。」

とか言いつつ

ケツを拭こうと

ケツを浮かした

その瞬間

金太郎「!!!!!!???????」

何が起こったかわからない金太郎

反射的に

違和感がある後ろを見る。

そこには

便器の中から顔を出すモハメド

そして

モハメドの右腕が

金太郎の肛門に完全に入っている。

「地獄から下水管つたって戻ってきたぜ。」

その瞬間

金太郎に

今まで感じた事のない激痛が走る。

「俺に掘れねぇ穴はねぇえええええええええ!!!!」

「や、やめろぉおおおおおお!!!!」

モハメドは

左腕を肛門にねじ込み

その勢いで

金太郎の体内に侵入

そして

金太郎の体内を掘り

金太郎の口から顔を出した!!

金太郎は死んだ。






俺は走って家に帰った。

どうしよう。

人を殺してしまった。

どうしよう。

部屋で1人震えていると

親父が入ってきて言った。

「・・・人を掘ったのか?」

「うん・・・」

親父は

この日がいづれ来るのを知っていたような様子だった。

そして

俺に1通の手紙を渡した。

「母さんはお前を人間と同じ環境で育てようとし
俺もその案に賛成していた。
だからこの手紙をお前に見せる必要はなかったんだが
こうなってしまったからにはしかたない。」

手紙には

モハメド茂木様へ

と書かれていた。

「お前はその学校に行くんだ。」

差出人には

「掘グワーツ土木学校」と書かれていた。

徒然と

そして

淡々としていた日々が

変わろうとしていた。



スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ないな」という男子からのアタックをやんわり断るために女子がすること9パターン

恋愛対象外の男性からのアプローチは、ありがたいと思う反面、煩わしいもの。人間関係を維持するためには、断り方を工夫する必要があるからです。そこで今回は、『オトメスゴレン』...

まとめ【便所飯はいつも1人流】

日々は徒然とそして淡々と過ぎていく。校舎の壁にはセミが止まって鳴いている。自分の存在を知らせるよう

comment

管理者にだけ表示を許可する

オララさん、さすがです

orara、ブログ辞めんといて。

No title

天才だ

堀グワーツ言いたかっただけだろww

腹かかえて笑ったww

No title

俺達のモハメド茂木たん
どうなってしまうん?(´;ω;`)

たまに広告クリックしてるしブログ辞めないでぽ;。;

No title

文才ありすぎやろw
おららって色んな才能あるのにもったいないよな。

芸人なった方がいいぞ

No title

oraraの発想できる脳みそほっしいわw
おもろかったw

No title

人を・・・・掘ったのか・・・・・?

元気出たぞ!ありがとう!

No title

続編超気になるんだけどww

書き出しがすてき!

No title

あいかわらずの鬼才っぷり

No title

おもしれえ

一生おららについていくことを再決心した

ゆっくりでいいからブログやめないでくれ

No title

あっかんww
絶対にブログやめないでください!
また元気もらいました笑

たまんないすね。たまんないすね!!

正直この手の小説系より、普段の日常を振り返る日記の方が君は格段に面白いよ、次回に期待シテマス。

いじめがテーマですか?私も友達作るのが苦手でなんとなく悲しくなりました

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ブログ 無料 レンタルDVD 転職

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。